土屋礼央の父親と母親がすごい!出身大学と結婚した嫁と子供は?

土屋怜央(つちや れお)さんといえば、『RAG FAIR』や『TTRE』として活動をしているミュージシャンですよね。

そんな土屋怜央さんは父親や母親がすごいと話題になっていました。

そこで今回は土屋怜央さんの両親、さらに結婚した嫁などについてご紹介します

土屋礼央の父親と母親の職業

土屋礼央さんの父親は、日本画家である土屋禮一さんでした。
これまでに数多くの受賞歴もあり、現在の肩書は

・日本芸術院会員
・日展副理事長
・金沢美術工芸大学名誉教授

などさまざまです。


そして土屋礼央さんの母親は、絵本作家の土屋侑美さんでした。
土屋侑美さんは『つちやゆみ』という名前で活動しており、

・おじいちゃんはロボットはかせ
・まほうつかいサンカクスキー
・ぬりぽん
・きつねのおんせん

などの作品を発刊しています。

土屋礼央さんのご両親はそれぞれ絵にまつわる仕事をしていたんですね。

土屋礼央の出身大学や高校はどこ?


土屋礼央さんは大学に進学していませんでした

当時、高校を卒業したら音楽をやりたいと思っていた土屋礼央さん。
しかし友人から『大学に入っていなくてもサークル活動は出来る』ということを聞き、早稲田大学や埼玉大学でバンド活動をしていたそうです。


そして出身高校は東京都立国分寺高校でした。
ちなみに、同じくRAG FAIRのメンバーである加藤慶之さんも卒業しているそうですよ。

土屋礼央の結婚した嫁(妻)と子供(息子)


ミュージシャンとして活躍中の土屋礼央さんですが、すでに結婚していました

お相手は一般人女性で、2012年に結婚していたのだそう。
授かり婚だったらしく、早く子供がほしかった土屋礼央さんとしては嬉しい結婚だったのではないでしょうか?


結婚時にすでに安定期に入っていたため、お子さんは現在10歳くらいであることが分かりますね。(2022年11月時点)

土屋礼央の落語の師匠は誰?


仕事も家庭も順調そうな土屋礼央さんですが、実は落語家としても活動しています
そんな土屋礼央さんの落語の師匠は、立川志ら乃さんでした。

きっかけは2018年に行われた下沢ワタナベエンタメフェス『志らくに挑戦!はじめての落語 〜座布団に飛び込む 歌手と俳優五人衆!…と、見届け人 志らく〜』だったそう。


当時、参加した土屋怜央さんの落語は好評だったそうで、そのまま優勝。
以降、落語家として本格的に活動を始めたそうです。

ちなみに土屋怜央さんは落語中、眼鏡をはずして出演しているそうですよ。

 土屋礼央のwikiプロフィール

プロフィール
引用元:https://twitter.com/reo_tsuchiya
名前:土屋礼央(つちや れお)
誕生日:1976年9月1日
年齢:46歳
出身地:東京都国分寺市

 

まとめ

今回は土屋怜央さんについてご紹介しました

現在はコロナ渦で活動が制限されてしまっていましたが、今後どう活躍していくのか注目していきたいですね。

おすすめの記事