鈴木優人(チェンバロ)の結婚した嫁(妻)や子供は?両親や学歴についても!

鈴木優人(すずき まさと)さんといえば、指揮者やチェンバロ、オルガン奏者として活躍している音楽家ですね。

そんな鈴木優人さんの嫁はフルート奏者で、両親も音楽家という噂がありました。

そこで今回は鈴木優人さんの家族や経歴についてご紹介します

鈴木優人の結婚した嫁(妻)と子供


鈴木優人さんは結婚していました。
お相手はフルート奏者の鶴田洋子(つるた ようこ)さん。
夫婦ともにバロック音楽の演奏者のため、公私ともにパートナーなのはとても素敵ですよね。

そして鈴木優人さんにはお子さんもいるそうです。
SNSにはたびたびお子さんとの様子が投稿されており、しっかりパパとして頑張っている姿も投稿されています。


現在は夫婦二人で一緒に子育てに奮闘しているらしく、とても仲睦まじい様子でした。

 鈴木優人の父と母


鈴木優人さんの父親は、指揮者でオルガン奏者の鈴木雅明さんでした。
鈴木雅明さんは世界的にチェンバロ、オルガンの奏者として活躍しており、バッハ・コレギウム・ジャパンの音楽監督としても活動しています。

母親については詳しく分かりませんでしたが、どうやら声楽家なのだとか。
鈴木優人さんも母親に声楽を習ったことがあったものの、喧嘩になって辞めているそうですよ。


しかし現在の仲は良好だそうで、母親との仲良しなエピソードが投稿されていました。

鈴木優人の経歴


続いて鈴木優人さんの経歴をご紹介します。
気になる経歴はこちら。

・大学在学中からバッハ・コレギウム・ジャパンのチェンバロ、オルガン奏者として活動。
・2009年 声楽アンサンブル『ヴォクス・ルミニス』の首席オルガニストに就任。
・2013年 横浜シンフォニエッタの首席指揮者に就任。
・2018年 バッハ・コレギウム・ジャパンの首席指揮者に就任。
・2021年 第71回芸術選奨新人賞を受賞。

鈴木優人さんはもともとチェンバロ、オルガン奏者として活動をしていました
そして2009年には声楽アンサンブル『ヴォクス・ルミニス』の首席オルガニストとして就任しています。


さらに2012年には横浜シンフォニエッタ、2018年にはバッハ・コレギウム・ジャパンの首席指揮者へと就任していました。

2021年には芸術選奨新人賞を受賞しており、優れた実力の持ち主であることが伺えますね。

 鈴木優人の出身大学や高校はどこ?


鈴木優人さんの出身大学は東京芸術大学でした。
東京芸術大学を卒業後は大学院へも進学したのだそう。

また、オランダ・ハーグ王立音楽院にも通っていたらしく、修士課程にてオルガン科を首席で卒業したそうですよ。

鈴木優人さんは当時からかなり優秀だったことが分かりますね。

鈴木優人の年齢などのwikiプロフィール

プロフィール
引用元:https://twitter.com/eugenesuzuki
名前:鈴木優人(すずき まさと)
誕生日:1981年4月8日
年齢: 41歳(2022年11月時点)
出身地:オランダ

 

まとめ

今回は鈴木優人さんについてご紹介しました

音楽家として指揮者や奏者として活躍を続けている鈴木優人さんでしたが、今後は活躍の幅がさらに広がるのか注目していきたいですね。

おすすめの記事